パーティードレス初心者が気を付けたいドレスコードに関すること

結婚式やパーティに出席する際やホテルでの会食などで、ドレスを着る機会は結構多いものです。そういったパーティや会合などではドレスコードが定められていることが多く存在します。ドレスコードといってもドレスを着用していけば大丈夫でしょ?と考えている人は注意が必要です。一口にドレスコードといっても細かい規定は少し違っていたりするのです。
そもそもドレスコードとは服装の格の規定をいいます。会合によって格が違い、ドレスコードも異なってきます。様々な場面のドレスコードについて見ていきたいと思います。
まず参加することが多いと思う結婚式についてです。結婚式のドレスコードは厳格には決まっていませんが、セミフォーマルが一般的です。セミフォーマルのドレスコードの場合は昼はセミアフタヌーン、夜はカクテルドレスを着ていくのが通例となっています。
レストランなどでドレスコードが指定されている場合には、インフォーマルと呼ばれているドレスコードだと理解しましょう。インフォーマルの場合はワンピーススーツやスカートスーツ、羽織袴などの服装を着用していくのが一般的です。
また結婚式でもカジュアルウェディングと呼ばれる一般の結婚式よりもカジュアルに行う結婚式も増えています。そのようなシーンでのドレスコードはスマートエレガンスと認識しておくといいでしょう。スマートエレガンスの服装は一般的なドレス、ドレッシーなジャケットやワンピースなどフォーマルに近いけど堅苦しくないというのがポイントです。
ドレスコードといってもこのような細かい規定が存在しますので、場面に応じながら服装を整えていくと失敗することもなくなるでしょう。