結婚式に来ていくゲストドレスで注意したいこと

結婚式のドレス、何を着ていこうか迷いますよね。
ドレスショップには様々なドレスが並んでいますが、結婚式に来ていくドレスについては注意しなければいけないことがあります。
それでは具体的に見ていきましょう。

「着てはダメ!」な色があります

結婚式の主役は、もちろん新郎新婦。
新婦の着るウエディングドレス。白は、新婦のための色です。
だからゲストが白いドレスを着るのはタブー。
白じゃないから良い、と思い、薄いベージュやパープル、ピンクなどを選ぶ人もいますが、光が当たった時や遠目に見た時白っぽく見えるものもNGです。

無地のワンピースが基本です

結婚式では、上下分かれた服装は「分かれる=別れる」につながるためタブーとされています。
そのため、ワンピースの着用が基本です。
トップスとスカートとで色の切り替えられたワンピースも、本来はタブーです。
柄モノもNG。ドレス地と同色の刺繍や織りの模様程度はOKです。

肩出し、スカート丈等露出に注意

肌見せを控えめにする、と言うのが基本です。
膝が見える丈のミニスカートや、背中が大きく開いたドレスなど露出の多いものは、結婚式にはそぐわないものです。
スカート丈はひざ下、肩や背中はボレロやショールで隠します。

フォーマルスタイルを覚えてファッション上級者に!

結婚式は、あくまでフォーマルなセレモニー。
華やかにしていればいい、おしゃれならいい、ではなく、フォーマルスタイルと言うファッションを覚えましょう。
「パーティなんて結婚式ぐらいしかないし!」と言う人。パーティドレスも、TPOがあります。
ドレスショップに売っているものなら何でも着て行っていいのではありません。
結婚式のようなフォーマルで着るものと、学校の卒業パーティやカクテルパーティなどで着るドレスはカテゴリが別なんです。
「おしゃれ」と「フォーマル」が使い分けられるファッション上級者になりたいですね。

最新記事